就職のミスマッチを引き起こす3大要因

3年で新卒の約3割がやめてしまうという「就職のミスマッチ」が社会問題化して久しい。しかもその数字は少しずつ上昇しているという。ミスマッチを引き起こす根本原因は次の3つである。

1.企業研究における社長研究の欠落
社長が尊敬に値しない会社はあなたにとって希望はない。それを入社後に知っても遅い。

2.企業選択理由(志望理由)がわずか2~3個程度
ナンパと同じ。「若いから、かわいいから」の2つの理由で声をかけ交際が始まってもミスマッチの確率は高い。

3.その企業における競争社会への理解不足
意外に多い早期退職理由は「この会社での出世競争がそんなに大変とは知らなかった。ここは自分が勝負する場所ではないと悟った」というもの。「皆さんは幹部候補生です」という採用広告はあくまでもキャッチコピーである。当社の出世競争は熾烈を極めるといったその会社のネガティブな話を採用担当がしないのは当たり前と考えなくてはならない。

記事を共有する Share on FacebookTweet about this on Twitter