日本の学生は、世界的にみると特権的立場だ

日本の就職活動は、いまだに新卒採用が主流だ。多くの学生が同時期に就職活動を始め、在学中に就職先を確保し、卒業後の4月1日に入社する。特定のポストに応募するのではなく、入社した後、会社から仕事が振り分けられるというシステムである。

続きを読む

記事を共有する Share on FacebookTweet about this on Twitter